0120-072-172

埼玉ローカルインスペクト

J DRONE SERVICE始まりました!

0331_Jdrone_top

J DRONE SERVICE(ジェイドローンサービス)とは家屋の現状を可視カメラによりデータ保存し災害時に早期受給を行える様に損害保険担当者が付くサービスです。

J DRONE SERVICEに加入すると何が良いの?

メリット1:建物の現状が分かる!

屋根部分をはじめ、人の目線では普段見えない部分に損傷が発生しているケースも多く、現状を知ることで、被害が拡大する前に対策が打てます(撮影データは全てお渡しします)

メリット2:事前撮影で損害規模が明確!

可視カメラを使い建物を事前に撮影しておくことで、どれだけの被害が発生したか誰が見ても明確!
もし事前の撮影が無かったら…その損傷がいつの物が分からず保険申請が認められないケースも…

メリット3:専任の保険コンセルジュが付く!

プロの専任担当者が付くことで、保険申請の対象になるか否かを見極め、お客様の損失を抑える事が可能となります。

時代はここまで来ている!ドローン家屋調査のメリット!

足場を組む必要がない!

これまでは調査の為にも足場を組む必要があり、時間も費用も掛かってしまっていました。
しかし、ドローンを使えば手元のコントローラーを操縦するだけで家全体の調査をすることが可能となり、時間も1時間程度で終了となります。

結果はその場でわかる!

ドローンで撮影された画像はスマートフォンなどと連携しその画面に映し出されますので、リアルタイムに確認して頂く事ができます。

損傷箇所はお客様ご自身で確認できる!

これまでは調査員が壁を叩いてその音を頼りに、損傷箇所の判断をしていましたので、そこが本当に損傷しているかどうかはその調査員にしか分かりませんでした。しかし赤外線カメラの画像によってその損傷箇所はお客様ご自身の目で確認することが可能となりました。

drone_photo

J DRONE SERVICE(ジェイドローンサービス)ではこんなお得な使い方も!

Jドローンサービスを受けていない場合・・・

・10年に一度の塗り替え(リフォーム)費用。
平均150万円(足場・雨樋・屋根・外壁・その他)

Jドローンサービスを受けている場合・・・

・10年に一度の塗り替え(リフォーム)費用。
平均60万円(屋根・外壁・その他)

地震や火事だけじゃない!これらも保険の申請が可能です!

失火やもらい火

自宅からの出火だけじゃなく、隣接する建物などの火災や風に煽られて飛び火したものも申請の対象となります。

水害

台風、暴風雨、豪雨等による洪水(こうずい)・融雪洪水(こうずい)・高潮・土砂崩れ・落石等の水災(床上浸水等)の損害。

風害

台風、竜巻、暴風等の風災による損害。

落雷

落雷が原因で発生した損害。

漏水による損害

給排水設備の事故や他人の戸室で生じた事故に伴う水濡れ損害。

不測かつ突発的な事故

予測困難で偶然な事故による損害。

損害保険への加入ご相談下さい!また家屋修繕時、対象保険のご相談もお任せ下さい!

こんな事にも保険が適応されます

・火事にはならなかったけど、揚げ油に引火して壁紙にすすが付いて張り替える事になった
・台風で近くの川が氾濫し床上浸水で床材や壁紙の張替えが必要になった
・突風などの強風により瓦が剥がれた
・雹(ひょう)によりベランダの床材が破損してしまった
・ガス漏れ警報器がなってあわててしまいキッチンの明かりをつけたら爆発してしまった

『ご加入済みの保険で申請可能か』お調べ致します!

損害保険には加入しているけれど、ご契約内容やどのような場面で適応可能かなどが分からず、
殆どの方が保険の申請をせずに全額自己負担で修理をされているのが現状です。

『知らないから損をしている』と言うケースが非常に多く、もしもそれを知ることができ、保険の補償範囲内で
あると分かれば、お客様は保険で補えなかった金額だけの安価な費用で修理が可能となります。

弊社はプロの観点からその修繕費用は保険の申請が可能かをお調べし、お客様の費用負担を軽くするご提案を
行っております。


drone
無人航空機の飛行に係る許可・承諾書