0120-072-172

埼玉ローカルインスペクト

施工事例一覧

富士見市屋根葺き替え、雨樋工事

富士見市で屋根の葺き替え、雨樋工事を行いました。

依頼の内容は
天窓からの雨漏り
雨樋の割れ、水漏れ
との事でした。

雨樋は劣化が激しく割れてしまってます。
天窓はパッキン等の劣化が激しく
何処からか雨が入っているのか分かる状態では有りません。

他のリフォーム業者さんには
天窓にコーキングをうてば治ると言われ
クロスを綺麗に張り替えれば問題ない!
と言われたそうです。

んー…
他社さんが何をお客様に伝えているのかが
私にはサッパリ分かりませんでした。

まず優先事項が有ります。
雨漏りを止める!
これです。

コーキングというのは劣化します。
コーキングの種類も何種類かあります。
ウレタンやシリコンといった物です。
シリコンコーキングを使うといわれた
と聞きました。
シリコンはコーキングの中でも強い方です。
ですが天窓の作りは複雑です。
ただ窓の周りにコーキングを取り付けても
止まるとは限りませんし
コーキングで全部塞いでしまうと
水の逃げ場が無くなり全部お家の中に入ってしまう可能性が高いです。
これはあってはならない事です。

予算がかかってしまいますが
提案した内容は
屋根の解体
天窓の解体
太陽光湯沸かし器解体
新規での雨樋取り付け
この内容です。

屋根の解体?
新しい屋根を取り付けるの?
っとお客様に言われました。

お客様は考えてもいなかったみたいです。

なぜ屋根を新規で取り付けるかというと
ザックリ屋根には
たて葺
横葺
スレート

と分かれています。
その中でお客様のお家は
たて葺です。

たて葺は勾配が緩い場合に使うことが
かなり多いです。
その為に天窓の周りは職人さんが手で加工をして
複雑に仕上がっていて
施工した職人さんでしか天窓の周りが分かりません。
なのでどーなっているかわからない場所に
コーキングなんて全体うてません!
水の流れを止めてしまいます!
この経験のお話をお客様にお伝えしました。

雨樋は劣化と現在生産をしていない
雨樋なので交換せざる終えません。

屋根、雨樋のお話を図面を書いたりして
お客様と打ち合わせし
私の言っている事を理解してもらえました。

私たちはお客様に嘘や無理矢理な営業は全体しません!
お客様との信頼関係やマナーを第一に考えている会社です!
大切なお家のパートナーに慣れたら幸いです。
まずはお電話やメールで御相談下さい。

IMG_3378 IMG_3379

IMG_3380 IMG_3381

IMG_3383 IMG_3384

IMG_3385 IMG_3386

IMG_3387 IMG_3388

IMG_3389 IMG_3390

IMG_3391 IMG_3392

IMG_3393 IMG_3394

IMG_3395 IMG_3396

IMG_3397 IMG_3398

IMG_3399 IMG_3400

IMG_3401 IMG_3402

IMG_3403 IMG_3404

IMG_3405 IMG_3406

IMG_3407 IMG_3410

IMG_3411